イッセイミヤケ(ISSEYMIYAKE)の買取


買取強化中

イッセイミヤケ
売るなら
アクイールへ

イッセイミヤケの買取実績

買取方法

買取方法は3通り。
ご都合に合わせてお選びください

イッセイミヤケの買取実例

  • イッセイミヤケを愛するリピーター様からお売り頂きました!

    三宅一生氏の生まれながらの美的センス溢れる「イッセイミヤケ」

    今回お売り頂いたのは、イッセイミヤケのジャケット・ワンピース・パンツ・スカート等!さすがはイッセイミヤケ、どれもデザイン製のあるお品物ばかりです。多くの著名人御用達のそのアイテムたちは、モダンで洗練されていて、古今東西、男女問わず多くの支持を得ています。2018年3月には、京都にイッセイミヤケの新ストアが開店。常に新しい風が吹くイッセイミヤケからは、目が離せません。

    いつも新しめのイッセイミヤケをお売りくださるリピーター様

    愛媛県松山市のお客様より、宅配買取にて当店の買取サービスを再度ご利用いただきました。こちらのお客様は、イッセイミヤケのヘビーユーザー。いつも新しめの、きれいなお品物をアクイールにお売りくださります。シルエットの美しいジャケットはひと目見てイッセイミヤケと分かるアイテム。ふわりとしたフレアのスカートはなんとも雰囲気がありますね。いつも素敵なお洋服をお売りいただきありがとうございます!イッセイミヤケをお探しのお客様がとても喜んでくれることでしょう。お客様からお客様へのお洋服の橋渡しが出来ること、大変光栄に思います。

    全国対応の宅配買取で便利にお片付け

    当店は東京を拠点としたリサイクルショップ。こちらは愛媛県にお住まいのお客様なので、いつも宅配買取をご利用頂いております。宅配と言えど、送料は当店負担!査定や買取の際に手数料など一切受け取っておりません。お気軽にご利用いただけて、簡単におこずかいゲットに繋がります♪当店は自由が丘や白金台など6店の販売実店舗を構えるリサイクル店なので、高価買取も可能!大事なお洋服を適正価格で査定いたします。迷ったら、お気軽に査定に出してはいかが?女性スタッフが1点1点丁寧に査定いたします!

    衣替えの時にクローゼットを一気に片づけたい|イッセイミヤケの...
    東京都中央区にお住いのお客様より宅配買取をご利用いただいております。イッセイミヤケのお洋服等をお売りいただきました。ホームページをご覧になりお電話で何度もお申し込みいただいています。個性的なデザインがお好みで、ヨウジヤマモト・ヨーガンレール等のお洋服・シューズもお売りいただ...

    続きを読む

アクイールなら
幅広い買取が可能です!

買取ブランド一例

取り扱いアイテム

老若男女問わず世界的規模で愛されているイッセイミヤケのお洋服は、アクイールでも大変人気のブランドです。生まれながらの美的センスには多くの著名人も魅了されていますね。様々なライン展開していることでも有名ですが、イッセイミヤケハート、イッセイミヤケフェットなどもアクイールでは買取しています。お買取りをお考えの際は、アクイールの買取サービスをぜひご利用ください!

イッセイミヤケとは
ISSEYMIYAKE

イッセイミヤケ(ISSEYMIYAKE)は、デザイナ三宅一生氏が立ち上げた株式会社三宅デザイン事務所より発信されるファッションブランド。小学1年生(当時7歳)の時に広島原爆の被害に遭いました。高校生になった頃に爆心地付近に架けられた"平和大橋"と、アメリカの彫刻家イサム・ノグチ氏が手がけた"欄干"を通学途中の電車の窓からから眺め、絵画教室に向かう自転車では、その橋を渡っていました。幼少期から絵を書くのが好きで、当時から優れた芸術的センスを発揮していたという彼は、その独特な造形と、シンプルに表現される美しさに大きな感銘を受けました。破壊から生まれる悲しさ・悔しさを人一倍味わってきた分、「創造して美しさや喜びをもたらすもの」を考えファッションへの道を決めたのです。高校卒業後、上京した三宅氏は多摩美術大学の図案科に入学。在学中に装苑賞を2年連続で受賞。1965年フランス・パリに渡り、パリ洋裁組合学校「サンディカ」で学び、ギラロッシュ、ジバンシィのメゾンでアシスタントとなる。オートクチュールからプレタポルテに移り変わる時代の中、「人々のための実用的な服づくり」を志す。1969年アメリカ・ニューヨークへ渡り、ジェフリー ビーンのもとで経験を積み、自身が志す実用的でエレガント、着心地の良い服づくりを学びます。1970年に会社を設立し、その翌年に発表したのが「ISSEY MIYAKE」。1973年にはパリ・コレクション初デヴュー。イッセイミヤケの服づくりは、ブランドの立ち上げから一貫して「一枚の布」から生み出されています。日本や世界で活躍する職人たちのもとに訪れ、今や失われつつある糸の「染め」、「織り」などの伝統的な技術を研究。その伝統を、モダンなスタイルへと息を吹き返す協働制作プロセスを取り入れました。スティーブ・ジョブズも愛用している、言わずと知れた"黒いタートルネック"は「ジョブズT」を呼ばれています。北野武など多くのプロフェッショナルにもファンの多いイッセイミヤケ。近年は若い世代からの注目も多いブランドとしても進化しています。
ページトップへ戻る