Buying Area Maxmara マックスマーラ

マックスマーラの買取なら
アクイールへ

当店ではマックスマーラを買取強化中です!

大人の贅沢なコートと言えばマックスマーラ(Maxmara)ですね。シンプルながら計算されたシルエットのカシミヤコートはアクイールでも不動の人気です。ファーストライン・コレクションラインの買取にも一層力を入れております。スポーツマックス(SPORTMAX)・マックスマーラウィークエンド(MaxMara WEEKEND)・’S MaxMaraなど合わせて大歓迎です!先ずはお気軽に当店へご相談ください。お待ちしております!

マックスマーラの買取実例

マックスマーラの買取実績

マックスマーラについてのお客様の声

毎年、年末には家族全員でクローゼットやたんすなどの整理をするのが我が家の恒例行事です。

渋谷区広尾 40代女性

アクイールさんにはここ数年、毎年お願いしております。というのも、我が家では毎年年末の大掃除にあわせて、家族全員で使わなくなったものを整理するのが恒例行事なんです。師走の忙しい時期ですので、詰める時間もなく出張買取をお願いしておりますが、査定に来てくださるスタッフの方とお話をしている中で、「そういえばあれもあったな」「これはどうだろう」などと思い出して、追加でお願いすることもあります。娘が特に靴が好きなので、毎年相当数の靴を整理しておりますが、大切に長く履いているものもあれば、数回しか履いているところを見ないものもあります。そういったものは特に捨てるにはもったいない気持ちが大きいですし、次に履いてくださる方がいると思うと気持ち的にもいいですね。マックスマーラのブーツやパンプス、エルメスのサンダルなどをお願いしました。状態がよかったようで、私たちの予想よりいいお値段をつけていただいて嬉しかったです。家族全員でお願いするので、最後に誰の合計価格が一番だったかなんて話をするのもひそかな楽しみなんですよ。

今年もご連絡いただき、ありがとうございました。

アクイール スタッフ

今年もご連絡をいただき、私共としましても本当に嬉しい限りです。ご家族での整理という「恒例行事」、とてもいいですよね。使う機会が減ったなと思うきっかけを意図的に作られるのは正解で、やはり購入時期が新しいほど買取価格は高くなります。見直すと使わなくなっているものは意外とあるのよねというお言葉を頂戴しましたが、まさにその通りだと思いますね。当店では、お洋服、シューズの他、アクセサリーなどの買取も行っております。賑やかなご家族様にお会いできるのを楽しみにしております。またのご連絡、心よりお待ち申し上げております。
バレンザポーのお洋服が大好きでたくさん購入していたのですが、片付けられないほどの量になってしまったので宅配買取をお願いしました。

練馬区早宮 50代女性

アクイールさんの買取のことはお店にあったチラシを見て知りました。自宅に大好きで集めていたバレンザポーのお洋服がたくさんあったのですが、定期的に買っていたのでついに箪笥からあふれてしまいそうな量になってしまいました。お店に持っていくには多すぎてとてもじゃないけれど無理だと思い、お店のスタッフさんに相談したところ宅配買取がいいのではと教えてもらいました。古いものもたくさんあったので買い取ってもらえるか不安でしたが、すべてにお値段をつけていただけたので驚きました。

このたびはアクイールの宅配買取をご利用くださいまして誠にありがとうございました。

アクイール スタッフ

貴重なご意見ありがとうございます。初めてのご利用でご不安な点もあったかと思いますが、大切にされてきたお洋服を100点以上お売りいただきありがとうございました。お古めのお品物についてご心配されていましたが、保管状態がとても良かったのですべてのお品物にお値段をおつけすることができました。お洋服以外にもフェラガモのパンプスやティファニーのアクセサリーなど様々なアイテムをお出しいただけたので、査定をしている私も次はどんなお品物が出てくるのかなと楽しくなってしまいました。

安心して利用できる理由

  1. Feature 1

  2. Feature 2

  3. Feature 3

  4. Feature 4

  5. Feature 5

  6. Feature 6

マックスマーラ

マックスマーラの買取ならお任せ下さい

マックスマーラ(MaxMara)は、アキーレマラモッティ(Achille maramotti)が中世のロマンあふれる街レッジオ・エミリアを拠点に1951年に設立したイタリアの老舗ファッションブランド。 「最高」という意味の「Max」とデザイナー自身の名前マラモッティ一からとった「Mara」を組み合わせたMaxMara。母親のジュリア・フォンタネージ・マラモッティは、テーラリングと縫製技術を学ぶ服飾学校を設立し、曾祖母のマリナ・リナルディは19世紀中期に美しくエレガントなドレスを作り出すテーラー(洋裁店)を営むなど、服飾に携わる家系に生まれた。その情熱をしっかりと引継いだ彼はフランスのハイクラスなファッションにインスパイアされ、アウター(コート)に重点を置いたコレクションを発表。ファーストコレクションでは、ブランドのアイコン的存在"キャメル"のコートなど洗練されたアイテムを発表。コレクションの衣装は、新たな生産技術を導入した工場で生産され、当時のイタリアでは職人の手作業により作られることが一般的であったため、常識を覆したマックスマーラは大きな注目を浴びました。現在では革新的なプロセスを組み込んだ、モダンで優美なプレタポルテファッションのパイオニアとして地位を確立しています。1981年に発表したモデル(品番)"101801"のウールとカシミヤベースのキャメルコートは、リッチで、羽織るだけでキマる憧れのコート。海外セレブや日本の人気モデルも着用していることで知られています。「スポーツマックス(SPORTMAX)」、「エス マックスマーラ(S MaxMara)」、「ウィークエンド マックスマーラ(Weekend Max Mara)」などの複数ブランドも展開しています。ミセスや大人の女性に人気のマックスマーラですが、2015年に女優の石原さとみがアンバサダーに就任し、東京 青山店のリニューアルオープン記念イベントに登場。着用したベアワンピースやキャメルコートの着こなしに若い女性も魅了。幅広い年齢層の女性たちを虜にするマックスマーラは今後も目が離せないブランドです。
ページトップへ戻る