セリーヌ(CELINE)の買取


買取強化中

セリーヌ
売るなら
アクイールへ

セリーヌの買取実績

買取方法

選べる3つの買取方法

セリーヌの買取実例

アクイールなら
幅広い買取が可能です!

買取ブランド一例

取り扱いアイテム

取扱ブランド検索

ブランド名から探す

▼2文字以上カナを入力して下さい

セリーヌ(CELINE)の買取をお考えですか?流行が落ち着いた今だからこそ販売のラストチャンスです。ラゲージやブギーバッグ、トラペーズ、ベルトバッグ、カバなどの人気モデルはもちろん、アパレル、レザー小物、サングラスまで幅広いアイテムを買取強化しております。各ショッパーモデルの買取も強化中です。ご自宅に眠っているセリーヌを高く売るならアクイールへお気軽にお問い合わせください!

セリーヌとは
CELINE

セリーヌ(CELINE)は1945年、セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)と夫、リチャードが立ち上げたフランス生まれのラグジュアリーブランド。皮革製の子供靴店を始めたころからセリーヌの歴史が始まります。セリーヌの子供靴は、パリの革職人の技術を生かして作られており高級オーダーメイドの店としてその名を轟かせ、富裕層を中心に大ヒットします。上質なレザーが使用され丁寧に作られる子供靴は、デザインのみならず安全性にも長けていて医学に基き設計されています。顧客の増加も後押しして、1959年にレディースシューズもスタートします。60年台に入り、香水やバッグ、小物に続いてレディースファッションなども手がけ始めます。67年からスタートしたプレタポルテコレクションは女性が求めるエレガントさとベーシックなデザインでトータルファッションを展開。パリの「BCBG」(上流階級、フレンチカジュアル)の代名詞となります。 1996年にLVMHの傘下グループとなったセリーヌは、アメリカで活躍中のデザイナーマイケル・コースを採用。セリーヌの上品なスタイルに、カジュアル感と実用性・機能性を取り込みキャリアウーマン御用達のブランドとなりました。今や"オールドセリーヌ"と呼ばれる「サルキー」2輪馬車が連なるモチーフのモノグラム調デザインのハンドバッグや、同様に廃盤となった「マカダム」など、レトロでクラシカルなデザインのアイテムは時代を越えて現在もヴィンテージ×モダンスタイルの中で色濃く存在感を放つモノとなっています。2008年にクロエでパディントンバッグを生み出し時代を築いたデザイナー、フィービー・ファイロがセリーヌのクリエイティブディレクターに就任。セリーヌのアイコンとなった「ラゲージ」を生み出し、海外のセレブや日本のファッショニスタ、雑誌やメディアに引っ張りだこのアイテムとなっています。
ページトップへ戻る