ミッソーニ(MISSONI)の買取

ミッソーニ買取します

洋服やブランドを売るなら
アクイールへ

只今 買取強化中です!

ミッソーニ買取します

只今 買取強化中です!
ニットウェアが有名なイタリアのラグジュアリーブランド、ミッソーニの洋服買取はアクイールにお持ち込みください!アイコニックなマルチカラーのニットをはじめ洋服やバッグ、アクセサリー、そしてホームウェアなども展開するミッソーニの製品は幅広い年齢層の方達からのニーズがあります。キルトやクッションなどホームウエアもぜひご相談を。

ミッソーニの買取実績

口コミ・お客様の声

引越しのため洋服を売る店を探していたが、近くに良い店が見つかりませんでした。

大阪府在住 50代女性

ミッソーニと齋藤都世子の洋服を売りたくてお店を探していました。そこでインターネット検索しましたら、こちらでは両ブランド買取強化中と出ておりましたので申し込みました。実は大阪府に住んでいるのですが、お店は東京都とのことで少し不安でした。ダンボールと申込用紙が届いて佐川急便で発送。あっという間に結果の連絡がきました。距離はありましたがそんなことは感じず心配は不要でした。

ちょっと古めの洋服もあったのですが、少しではありますが値段を付けてくださったのが嬉しかったです。引越しで急遽不要になった洋服をどうするか悩んでましたので、こんなに早く解決して大変助かりました。

お引越しでのお困りごと、お役に立つことができまして安心いたしました!

アクイール スタッフ

インターネットにて当店をお選びいただきありがとうございます。宅配買取は全国にて受付中です!(沖縄県・離島エリアを除く)遠方のお客様も沢山ご利用頂いておりますのでご安心ください!少しでもお客様のお力になれますように広い範囲で受付させていただいております。

また、お古めの洋服も状態が良ければお買取させていただいております。買い取って貰えるのか、お悩みのお客様はぜひ一度アクイールにご相談ください!メールやお電話、お待ち致しております!

買取サービスエリアMap

出張買取エリアマップ画像

売れるのは
ミッソーニだけではない!

このようなブランドを
一緒にお売りいただきました。

ミッソーニを売る方の人気ブランド

レリアン
エトロ
レオナール
4ヒロコビス
5ジュンアシダ

選べる買取方法

来てもらう

売りたい洋服が多くて持ち込めない方や直接話したい方は!
最短1時間でお伺いいたします。

出張買取エリア:関東全域
<最短1時間エリア>
都内:港区、渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区、品川区
都下:多摩市、調布市、稲城市、府中市、三鷹市、狛江市

出張買取

送る

家事や仕事が忙しくて
時間を合わせるのが
難しい方は!

宅配買取

持ち込む

最寄りのお店に、
ご自分で
持ち込みたい方は!

店頭買取

業者様買取

買取を希望される
業者様は
ご相談ください。

業者様買取

Blog

ミッソーニの買取を
検討している方へ

ミッソーニ(MISSONI)といえば、ニットの魔術師と名高いイタリアのラグジュアリーブランドですね。虹を織り込んだようなストライプや、色柄を詰め込むマルチミックス、ジグザグ模様などが定番のデザインがアクイールでも人気があります。人気デザインのカットソー・ワンピースは特別買取強化中です!経験豊富な査定士が1点1点丁寧に査定を致しますのでご安心ください。ミッソーニのお買取は、アクイールへお気軽にお問い合わせください!

ミッソーニとは MISSONI

ミッソーニ(Missoni)は、イタリアのラグジュアリーニットブランドです。ミッソーニの歴史は、オッタヴィオ・ミッソーニ(Ottavio Missoni)とロジータ・ミッソーニ(Rosita Missoni)の夫婦が、ロジータの祖父が営むニット工場を受け継いだ1953年に遡ります。二人の出会いはロンドンオリンピック。観戦に来ていた妻ロジータ、夫オッタヴィオは陸上選手として出場し、そこでイタリアのチームユニフォームのデザインもしています。それから二人は公私共にパートナーとなり、スポーツウェアの製造販売をスタートさせます。後にコンセプトを変更し、「ニットの魔術師」と比喩される高級ニットメーカーへと駆け上がっていきます。66年にミラノで、「ミッソーニ」としてのコレクションデビューを果たします。ミッソーニのシンボルデザインとも言えるマルチカラーのジグザグ模様「プットトゥゲザー(put together)」や、ストライプ、幾何学模様、花のモチーフなど色彩豊やかなファッションアイテムを展開。"作品"と言われるミッソーニのアイテムは絵画や自然の風景にインスパイアされ、芸術的で先入観にとらわれないところが魅力。若い世代のニーズに合わせ、透け感のシースルー、ラメ・スパンコールなどのきらびやかな素材とニットの異素材の組み合わせのコレクションも展開し、2000年には、カーテンやクッションなど、ライフスタイルを提案する「ミッソーニホーム(MISSONIHOME)」もスタートしています。すでに夫婦二人はブランド経営から退いていますが、その魂を子供たちが受け継ぎファミリー運営を続けています。過去には、スカラ座のオファーを受け舞台衣装のデザインを担当した功績も残しています。海外セレブや、ニッキー・ヒルトンなどもバカンスで愛用し、活躍の場を広げています。