ピンクハウス 買取実例

EXAMPLE

80年代頃のピンクハウス系お洋服、総点数100点程の出張買取が成立しました!


当店のご利用が初めてとなるお客様のお宅に、出張買取でお伺いさせて頂きました。横浜市磯子区エリアでのお買取りとなりました。事前のご連絡で80年代頃のお古めのピンクハウスが大量にあるとの事で、お部屋いっぱいのピンクハウスに囲まれながらの査定となりました!
1973年に立ち上がったこのブランドは創業者は金子功氏で、94年には退社・独立され独自のブランドを設立されています。今回お出し頂きましたお品物はこの金子さんデザインによる洋服類が中心となりました。

ピンクハウスが大好きになったその理由・・・・、きっかけはお母様だったようです。

お客様と雑談を交え、当時の思い出やお洋服への強い思い入れをお聞かせいただき、どれだけお客様がピンクハウスを愛していたかをヒシヒシと感じながら、一点一点服を広げながらの査定となりました。
そもそもお母様がこのブランドをご愛用されていたようで、ご本人である娘さんも小さな頃からピンクハウスの服をお召になっていたそうです。

気付いたら服はピンクハウスしか持っていなく、溜めに溜めた服たちに今回お別れを告げる決心が出来たことで、当店アクイールにご依頼する運びとなったそうです。

創業当時のピンクハウスはコアなファンに支持され続け、中古衣類としての取引実績もGOOD!


お出し頂いたアイテムは、ワンピースやニット、カーディガン、カットソーやTシャツ類など。ボトムスもスカートなどがズラリと揃いました。実はピンクハウスだけだは無く、インゲボルグ、前述したカネコイサオさんのブランドであるワンダフルワールドやメンズのカールヘルムもお出し頂き、衣類以外にもバッグやポーチ、帽子やシューズもお出し頂けました!

可愛いいちごやひまわりをモチーフにしたニットや、ベア柄のスカートなど当時は即日完売、極めて入手困難の大人気のラインの品々をお出し頂き、懐かしい服達を広げて見るとまたまたお悩みのご様子でした。

購入後10年以上経過した、古くても買取可能なブランドは他にも多数ございます!

今回のヴィンテージという位置づけのピンクハウス、80年代という事は少なくても30年は経過しており、通常であれば買取り不可となるケースが大半となりますが、このブランドはそうではないのです。
当時の金子功さんデザインの物は今となっては希少な為、探されている方も非常に多いという事を再度確認致しました。

このような古くてもなお評価され続けるブランドは他にも多数です。お申し込みの前にお気軽にお問い合わせ下さい。ブランドに精通したスタッフがご案内させて頂きます。

花柄フリフリのロングドレスやうさぎ・くまなどのアニマル系、ブーケなどの花柄・いちごなどのボタニカル柄は大人気です!ピンクハウスもその他関連ブランドも、大量の場合は是非アクイールの出張買取でお任せ下さい!

ページトップへ戻る