末っ子の中学入学式

卒業式と入学式の連続、新居への引越し、そして病院通い。目まぐるしい日々を送っていますが、末っ子の入学式でようやく家族の行事が一段落です。残念ながら家内は転院翌日のこともあり参加できず、私だけの出席となりました。

前日からの服や靴などの準備やら、着替え、移動など慣れないことばかり。当の本人は試着などの準備は一切無し。結果その当日に用意していたシャツは大き過ぎる、俺のじゃない兄のだ。小さいシャツしかないどうする?あれが無い、これが無い、時間が間に合わないのバタバタ。予想通り、当日に提出する資料をすべて忘れてしまい、初日からやらかしてしまいました。

そんな末っ子は何かと家内と似たところがあり、手を焼くことが多々あります。
「俺について来な!的なリーダーシップ」
「方向音痴」
そして「わたしの忠告を聞かない」

機嫌が悪いのも相まって、土地勘がほとんど無いのに私の前を歩こうとします。リーダーシップがあって人をグイグイ引っ張るのは良いけど、極端に方向音痴なのですぐに道を間違えます。間違えたのに気づくとまた逆戻りして、また私を追い抜き前を歩きます。そしてまた間違えるの繰り返し。
「道に自信が無いならパパの後ろを歩いて、要所要所で後ろを振り返って道を覚えて。」と忠告しても聞く耳持たず。徒歩20分ほどの帰り道、校内はずっとこの繰り返し。

画像は、我が道をいく末っ子。