カネコイサオ(KANEKO ISAO)の買取

カネコイサオ買取します

洋服やブランドを売るなら
アクイールへ

只今 買取強化中です!

カネコイサオ買取します

只今 買取強化中です!
デザイナー金子功によるブランド、カネコイサオの洋服買取はアクイールにお任せください!独特な個性あるフリルやレースをあしらったアイテムは、コアなファンを魅了し続けています。そんな世界的に有名なブランドカネコイサオの買取実績や買取実例をご紹介します。

カネコイサオの買取実績

カネコイサオ買取の口コミ・お客様の声

宅配買取

断捨離のため長らく仕舞い込んでいたカネコイサオの洋服を買取依頼いたしました。

神奈川県在住 50代女性

どんどん溜まる一方の洋服やバッグ。もう流石に邪魔でしょうがなく、断捨離をする決意をいたしました。長年仕舞い込んでいたためか、汚れていたり破れていたりと捨てなくてはいけない洋服が沢山ありました。ほとんどを捨てることにしたのですが、中にはきれいでまだ着られそうな洋服や使えそうなバッグが少しありましたので、どうしようか悩んでおりました。お友達からリサイクルしたら?と進められてお店を探してみることに。そこでこちらにご依頼させていただきました。

合計20点ほど、宅配買取を申し込みましたらすぐにダンボールが届きました。大きなダンボールでしたので少し隙間ができてしまいましたが、新聞紙など紙を入れたら平気でした。申込用紙に記入して保険証のコピーと一緒にダンボールに詰め込みました。そこから佐川急便を呼び無事に発送できました。ほっと一息です。そこからはあっという間、お電話がきて買取していただくことができました。部屋もきれいにできて大満足です。無事に断捨離することができまして良かったです。

カネコイサオの洋服買取はアクイールにお任せください!買取強化中です!

アクイール スタッフ

断捨離からのお申込みありがとうございます。また、当店人気のブランド、カネコイサオの洋服をご依頼いただきありがとうございます!断捨離などの整理整頓は、とても時間がかかる大変な作業ですよね。本当にお疲れさまです。そんな中で少しでもお客様のお役に立てましたこととても嬉しいです。この度はご利用ありがとうございました。

アクイールではカネコイサオの洋服などファッションアイテム全般、買取強化中です!ご自宅に眠るカネコイサオのアイテムはございませんか?是非アクイールにて買取をさせてください!当店にて責任を持って次の方への橋渡しをさせていただきます。皆様からのご連絡、心よりお待ち致しております。

買取サービスエリアMap

出張買取エリアマップ画像

買取サービスは、出張も宅配も持ち込みも完全無料!女性スタッフも対応!

査定をする前に、確かめたいこと。お電話やメールでもお気軽にご相談ください。

電話で相談

0120-40-2914

電話受付 9:00〜18:00 年末年始を除く

メールで相談

お問い合わせ

来てもらう

20点〜30点より、
要予約。
女性スタッフも
対応中!

出張買取

送る

10点より、要予約。
忙しい方、遠方の方に
おすすめ

宅配買取

持ち込む

10点より予約不要。
最寄りの店舗を
ご利用ください

店頭買取

買取サービスは、宅配も出張も持ち込みも完全無料!女性スタッフも対応!

Blog

カネコイサオのよくある質問

  • メンズ・レディースどちらもカネコイサオの洋服は買取してもらえますか?
  • カネコイサオ氏は活動を休止しておりますが、買取はしてもらえるのでしょうか?
  • カネコイサオの洋服は、どんなアイテムが人気ですか?
  • カネコイサオの姉妹ブランドも買取してもらえますか?

カネコイサオの買取を
検討している方へ

日本を代表するブランドであるカネコイサオは、1990年に金子功により設立されたオリジナルブランドです。世代を超えて今もなお注目されている当ブランドは、アクイールでもニーズが高く人気です。チェックや花柄、フルーツのプリントやフリルなど様々な柄やアイテムが大変人気で、買取も絶賛受付中です!最近着ていないな、クローゼットにしまったままだな、そんな洋服があるお客様は是非アクイールにお任せください!

カネコイサオとは KANEKO ISAO

カネコイサオ(KANEKO ISAO)は、1990年に設立された、デザイナーである金子功(Isao Kaneko)によるクリエイション。
フリルやレースを贅沢にあしらったディティールが魅力的なアイテムや、作り込んだひとつひとつのアイテムに垣間見える、独特の世界観を持つスタイルが人気を博したブランドです。
日本での知名度はもちろんですが、日本を代表するブランドのコレクションラインとして、世界中の注目を集めていました。
金子功は、フェミニンなスタイルで有名なピンクハウスなどでも人気を集めたデザイナーですが、多くのファンに惜しまれながらも、2007年にファッションデザイナーとしての幕を閉じました。
クリエイション終了後も、彼のクリエイションはいまだに根強い人気があり、歴代のアイテムへ需要は後を絶ちません。