クラシキハンプ(倉敷帆布)の買取

クラシキハンプ
売るならアクイール

選べる買取方法

来てもらう

売りたい洋服が多くて持ち込めない方や直接話したい方は!
最短1時間でお伺いいたします。

出張買取エリア:関東全域
<最短1時間エリア>
都内:港区、渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区、品川区
都下:多摩市、調布市、稲城市、府中市、三鷹市、狛江市

出張買取

送る

家事や仕事が忙しくて
時間を合わせるのが
難しい方は!

宅配買取

持ち込む

最寄りのお店に、
ご自分で
持ち込みたい方は!

店頭買取

業者様買取

買取を希望される
業者様は
ご相談ください。

業者様買取

クラシキハンプの買取を
検討している方へ

クラシキハンプの買取ならブランド洋服買取専門店のアクイールへ。洋服・バッグ・アクセサリーなどファッションに関するアイテムを、季節を問わず買取いたします。出張買取は関東一円、宅配買取は全国対応です。

クラシキハンプとは 倉敷帆布

クラシキハンプ(倉敷帆布)は、日本のファクトリーブランド。株式会社バイストンによって展開されています。帆布は、明治期以降、当初は産業用の素材として広く用いられ、日本人の生活を支えてきました。中でも、岡山県倉敷市は、風土的に綿花の栽培に適していたことから、帆布生地の生産が盛んでした。しかし、新素材の誕生によって、従来帆布が用いられた製品も新素材にとってかわられ、帆布への需要は減っていきました。そうした中で、伝統を後世に残すため、各地の様々な帆布織物会社が多様な試みをしてきました。そうした試みの一つが倉敷帆布といえるでしょう。大治将典、林祐輔、安西葉子、キタジマモトヒコ等様々な方面で活躍するデザイナーを迎え、帆布を利用した様々なテイストのバッグを中心に、服飾小物、生活小物まで含め多様なアイテムを展開しています。倉敷帆布の製品に用いられる帆布は、今でも、昭和40年代に廃盤となったシャトル織機を、職人自らによる改修・改善を重ねて織られ続けています。こうして作られる倉敷帆布は、シャトル織機の特性と職人技により美しい「セルヴィッジ」を特徴としています。