シンザブロウハンプ(信三郎帆布)の買取

シンザブロウハンプ
売るならアクイール

選べる買取方法

来てもらう

売りたい洋服が多くて持ち込めない方や直接話したい方は!
最短1時間でお伺いいたします。

出張買取エリア:関東全域
<最短1時間エリア>
都内:港区、渋谷区、目黒区、世田谷区、大田区、品川区
都下:多摩市、調布市、稲城市、府中市、三鷹市、狛江市

出張買取

送る

家事や仕事が忙しくて
時間を合わせるのが
難しい方は!

宅配買取

持ち込む

最寄りのお店に、
ご自分で
持ち込みたい方は!

店頭買取

業者様買取

買取を希望される
業者様は
ご相談ください。

業者様買取

シンザブロウハンプの買取を
検討している方へ

シンザブロウハンプの買取ならブランド洋服買取専門店のアクイールへ。洋服・バッグ・アクセサリーなどファッションに関するアイテムを、季節を問わず買取いたします。出張買取は関東一円、宅配買取は全国対応です。

シンザブロウハンプとは 信三郎帆布

信三郎帆布(シンザブロウハンプ)は、古くは1905年(明治38年)に初代の一澤喜兵衛によって京都で創業された一澤帆布を前身とした、帆布素材でのバッグを中心に製造しているブランドです。初代から四代目に技術と職人魂が受け継がれる中で、様々な市場ニーズに応えながら成長し続けているブランドであると言えます。現在ブランドが手掛ける製品の中で最もポピュラーなトートバッグは、二代目である一澤常次郎が明治時代末期に原型を考案したものです。またブランド名がバッグに縫い付けられるようになったのも常次郎の代の事で、大工さん等の重い荷物を持ち歩く町の人によって、その製品の良さとブランド名は自然に広められていきました。また戦時中には海軍のカバンやハンモックを手掛けた経験もあった三代目の信夫によって、登山製品やファッション性・機能性の高い帆布かばんが考案され、より日常的なアイテムとして広まっていきました。現在では過去には無かった柄のものが多く考案されるなどより現代的な商品の展開をしつつ、四代目にあたる信三郎を中心とした職人たちによって、ひとつひとつ丁寧な手仕事で仕上げられています。